映像・動画制作 -3DCG-砕けるガラスボール[Breaking Glass]

Thu, 2013/08/22 - 17:34

Breaking Glass

動画・映像制作例として、ガラス玉が落下して砕けるシーンを、ハイスピードカメラで撮影したように見せた3DCGムービーを制作しました。

ガラス球を3DCGで制作

ガラスで出来たボールを3DCGで作成。そのガラス球が落下し、地面に衝突して砕けるアニメーションを3DCGソフトで作成しました。
ハイスピードカメラで撮影したようなスローモーション再生になるよう、1秒間を240フレームでCGアニメーションを作成しました。※通常の動画は1秒30フレーム

動画加工ソフトを使って、「らしく」見える映像に

Cinema4D(3DCG作成用ソフト)から書き出した動画ファイルを、AfterEffectsで更に加工していきます。
画面の手前と奥に、カメラによる自然なボケ足が出るよう、Cinema4Dから別ファイルで書き出したデプスファイルを使って被写界深度(DOF)を設定。また、ガラスの透明感や綺麗な透け感が出るように、光の反射具合や色味を補正していきます。

全ての加工処理が終わったら、AfterEffectsで最終レンダリングして完成。動画のサイズは、1280×720PXのハイビジョンサイズです。
(無断転載・転用については固くお断りします)

Youtubeで見る

※この動画で使ったガラス球の静止画素材を販売しています。
<PIXTA販売ページ>
砕け散るガラスの写真素材

CLIENT DIGITRUE デジトゥルー OUTLINE

HDサイズ(1280px×720px)
3DCG制作

PAGE TOP